覚えておけば失敗しにくくなる美容脱毛の一般常識を分かりやすく紹介

Depilation Beauty

針脱毛のメリットとデメリット

色々な種類がある脱毛方法ですが、脱毛というのをご存じでしょうか。ニードル脱毛とも呼ばれ、以前はこれが主流の脱毛方法でした。絶縁処理した細い針を毛穴のひとつひとつに刺し、その針に微弱の電気を流して毛乳頭を破壊するという脱毛方法です。そのメリットとしてはなんといってもその脱毛の確実さではないでしょうか。1本1本確実に脱毛していくことで毛の再生率が低いので、数ある脱毛方法の中では一番完全脱毛に近い方法いといえます。
また、レーザー脱毛と違って色素沈着を起こしている肌にも施術可能なので、例えば日焼けをしてしまったという肌でも脱毛することができます。反対にデメリットですが、脱毛時の強い痛みです。レーザー脱毛ではよくゴムを弾いたような痛みと言いますが、針脱毛の場合はしみるような強い痛みが数秒間続きます。その痛みに我慢できずに途中で中断してしまう人もいます。
また、手間がかかる分施術時間が長くなり、料金が高額になってきます。レーザー脱毛ほど気軽にできる価格ではありません。それに加え、施術者の技術レベルによって脱毛時の痛みやかかってくる時間と費用に大きな差が出ることも気になる点ではあります。メリットデメリットをそれぞれ頭に入れて選びたいものですが、日焼けをした肌や色素沈着を起こしてしまった部分をどうしても脱毛したいという人にはいい脱毛方法かもしれません。

美容クリニックのレーザー脱毛の痛さ

今から4年前、21歳頃脱毛を考えていた時に全身はお金がかかるのでとりあえずは毛が濃い脇だけやってみようと思い地元の美容整形にてレーザー脱毛を予約しました。 両ワキ1回5000円程の値段でした。
施術台の上に仰向けになり、ゴーグルを装着するといきなり強い痛みが襲い掛かりました。 レーザー脱毛はメラニン色素に熱を与えて反応させるので、毛の濃い私には痛みが強すぎて涙が出ました。 施術中はどこかをつねるか先生と話して気を紛らわせないと我慢ができないくらいでした。 5分強ほどで終わりましたが、終わった後の脇からは焦げたにおいと真っ赤な肌が見えました。 時には毛穴から内出血か出血のようなものが見え、驚きました。施術後はワセリンを塗っていただきました。 その日の夜から2~3日はシャワーを直接あてることができませんでした。
脱毛サロンのようなところでは施術後もあまり肌に異変がありませんが、レーザー脱毛は目に見えてわかる場合があるので
夏場の服装には気を付けてください。 こんなに痛みがありましたが、2回ほど受けるとそれまで生えていた黒くて太い毛はほとんどなくなりました。 今までは剃っても薄っすら黒ずんでいた脇も2回の施術で剃った後の黒ずみは無くなりました。 私には痛みが強すぎて2回が限界でしたが、2回するだけでも効果は絶大です。 濃い部分のみ数回受けて、あとは脱毛サロンで全身コースにするのがおすすめです。

脱毛サロンの勧誘の断り方

悪質な脱毛サロンになると、強引な勧誘をしてくることがあります。押しに弱い方はその段階で契約してしまうこともありますが、本当に自分の必要なプランを選ぶためにも勧誘を断るための術を身に着けておきましょう。そうすれば、より安心して脱毛サロンに通えるようになるはずです。 たとえば、友人と脱毛サロンを訪れるのも、一つの手段でしょう。一人より二人、誰かと一緒に施術を受けることによって、脱毛サロンの勧誘を断りやすい空気を作ることができます。特に体験コースでは、こうした勧誘がされることも多いため、一緒に誰かと体験コースを試してみることも大切なのです。
あるいは、あまり名前の聞かない脱毛サロンを選ばないことも一つの手段です。大手の脱毛サロンでは、こうした強引な勧誘をしない宣言をしていないことが多く、だからこそ安心して通えるメリットもあります。そうした脱毛サロンを選べば、ゆっくりと脱毛サロンに関する情報を集められるため、落ち着いて脱毛を行うことができるのです。
脱毛サロンの勧誘の断り方は、こうした方法があることを覚えておきましょう。自分自身が安心して脱毛を受けるためにも、こうしたポイントポイントを確かめておくことは非常に重要なのです。


大阪でほくろの除去をお考えならほくろ除去を心斎橋で施術している【サクラアズクリニック】がオススメですよ!ほくろ除去の実績を数多く持っている為、安心して任せられると思いますよ!